妊婦がカビの生えたお餅を食べてしまったら? お腹の赤ちゃんに影響はある?

カビ
スポンサーリンク

急を要して検索をしている妊婦さんもいらっしゃるかと思いますので、
先に結論だけお伝えすると、妊婦さんがカビのアレルギーでないなら、
「少量のカビが口から入ってしまっても、大丈夫ですよ!」

少しホッとできましたか?

では、なぜ大丈夫なのか?
お餅のカビや赤ちゃんへの影響について詳しく知っていきましょう。
妊婦さんの体とお腹の赤ちゃんにとって必要な情報をまとめましたので、
ご紹介します。

お餅に生えたカビは危険?体にどんな影響が?

昔の人はお餅のカビについて、
あまり危険と感じていない風潮があると思います。

でも、カビはカビです。
ここでふと、カビについて疑問に思い調べたところ、
チーズやキノコが作られる時に使われているカビは、
カビの菌を使う“酵母”と呼ばれていて、
腐敗させるカビ(毒)ではなく、
発酵させてくれるカビなんですねぇ。

お餅に生えたカビは、カビ毒のほうです。
基本的にカビ毒は胃酸に負けてしまうので、
最初にご紹介した通り
少量で病院へ駆け込むような症状は出ない事が多いのです。

スポンサーリンク

しかし!
お餅のカビで思い浮かべるのは青いカビが点々と…ですが、
この見えているカビの近くには確実に見えていないカビも生えていて、
どこまで広がっているのかはわかりません。
これを、見えている部分だけ包丁で削いだり、洗ってみたり、
煮てみたりした経験もあるのではないでしょうか?
実は、胃酸には弱く、熱には強いのがカビなのです。
つまり、熱を加える調理方法では死滅しないので、
継続的に体に入れてしまっている可能性もあるということです。

少量では害が少ないカビですが、
大量に継続的に摂取していては話は別です。

発がん性物質が含まれるカビも存在しているほどです。
腐敗が進んでいる証拠であるカビを
“目で確認しても口に入れる”
なんてことにはならないよう、
注意しましょう。

それと緊急を要する可能性があるのは、
アレルギー反応です。
もともとアトピー性皮膚炎、気管支喘息など、
空気中の物質によっても症状が出ると思われる方は、
体内に入ったカビの毒により重症化する恐れもありますので、
十分に注意し、口に入れてしまったと気付いたら、
すぐにかかりつけの病院や
緊急医療機関へ相談されることをおススメします。

スポンサーリンク

妊婦がお餅のカビを食べてしまったら、お腹の赤ちゃんへの影響は?

さぁ、心配になるのが赤ちゃんへの影響ですよね。
お餅に生えた少量のカビだけを考えれば、
胃酸により死滅し、カビ毒が赤ちゃんまで到達することは不可能と考えていいです。

が、妊婦というのは体調が不安定なうえに、
便秘や下痢にもなりやすく、免疫も落ちやすい状態です。

カビ自体が赤ちゃんへ影響するというよりは、
そのカビによって腐敗が進んだお餅やその他の食材により、
体調を悪くしてしまう事がきっかけで、
赤ちゃんへ影響することはあり得ます。

例えば、少量でも腐敗した食材(カビ)を摂取してしまい、
体が反応し下痢になったとします。
水分が不足し、通常の食事ができなければ、
栄養面でも健康とは言えなくなってしまいます。
つまり、免疫が落ちている状態です。
この免疫が落ちているところに、別の病気が登場してしまいます。
これが一番怖いのです。

なので、アレルギーはないけれど、
お餅のカビを食べて体調の異変に気付いたら、
ストレスを排除するためにも、
妊婦さんは産婦人科へ相談すると安心できます。

スポンサーリンク

妊婦でなくてもカビを食べると体に良くない?

もちろん、輸入によって日本に入ってくる恐れがある、
特に毒性が強いカビ(アフラトキシン・オクラトキシンなど)を
継続的に大量に摂取した場合は、体に及ぼす影響は計り知れません。

ですが、カビ自体は少量を口にしても影響がないことがほとんどです。
それよりも怖いのは、カビの毒は食材を“腐敗させる”ということです。
腐敗した食材を体に入れるということが怖いのは、
説明する必要がないほどのことですよね。

幸い、私たち動物には、食べ物を口にする瞬間に、見た目・臭い・味・触感で
異物かどうか判断できる機能が備わっています。
これをフル活用しましょう。

カビが生えないようにお餅を保存する方法は?

カビは水分とでんぷん質が好物なので、
お餅にカビが生えるのも納得なんですが、
開封して2・3日で食べられなくなるなんて悲しすぎますよね。
そこで、おススメの保存方法をご紹介します。

冷凍保存

一番おススメできる方法で、カビが好む温度と酸素を与えないようにできます。

ポイントはできるだけ空気を抜き、一つずつラップすること
それをジッパー付きビニール袋に入れておけば、約3か月は保存可能です。

水につける

フタ付きのタッパーなどに、お餅を離して並べ、
ヒタヒタになるまで水を入れます。
これを冷蔵庫か、冬なら暗い場所へ。

ポイントは一日1回水を取り替えることです。
少々手間はかかりますが、約1か月保存可能で、何より柔らかいまま保存できます。

ワサビと一緒に保存する

殺菌効果を上手く利用します。
アルミホイルなどを小さく切り、ワサビを乗せます。
それをお餅と一緒にタッパーなどの容器の中に入れます。

ポイントは密閉できる容器だと、なお良いということです。
約1週間保存可能です。

その他、保存方法ではないですが、
お餅を素手で触ると、
水分や手についている菌が付着し、
カビ発生の助けになってしまいますので、
お餅を触る時や、保存するための作業の時には、
ゴム手袋などをするか、直接触れないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

妊婦がカビの生えたお餅を食べてしまったら?
赤ちゃんへの影響は?
について、まとめてみました。
いかがでしたでしょうか?
よくある出来事に思いますが、
なかなか産婦人科では教えてもらえないですよね~

私も妊婦だった頃はとにかくお腹が空き、
体重や栄養面も考えなければいけないのに、
お餅が大好物でした…。
そんな当時の自分にも教えてあげたい内容ですので、
いま妊婦のお母さんとお腹の赤ちゃんの為に、
参考になればと思います。

コメント